ヘッダー2
eventcourseoutlinehomeenglishquestionsite_map
space
 
 ■北山西部コース(二ノ瀬〜清滝=19.3km)
space
 二ノ瀬から京見峠へ(標識47〜68)
ninosespaceyonakitouge
左=守谷神社・富士神社(二ノ瀬)  右=夜泣峠(旧コースは大岩、新コースは向山へ通じる)
space
 「二ノ瀬」駅から狭い階段を下り、鞍馬川沿いに上流へ向かうと、標識「北山No.47」が橋のたもとにあります。標識「No.46」は橋を渡った鞍馬街道にあり、電車で移動した場合は目にふれません。
 踏切の上に守谷神社と富士神社があり、標識「No.49」の神社手前の道を右にとると「二ノ瀬ユリ」で貴船山へ登ることができます。トレイルコースは直進で、東海自然歩道と同じルートです。
 ジグザグに付けられた静かな峠道は、30分ほどで標識「No.50」の夜泣峠に着きます。
 旧コースは峠から栗夜叉谷に下り、東海自然歩道とともに栗夜叉林道から雲ヶ畑街道(大岩街道)を通って山幸橋へ続きます。上部は杉の植林の中の良いコースですが、下部はやや荒れています。狭い街道なので車に注意して歩きましょう。約1.2kmで、標識「No.55」の山幸橋に着きます。この間は東海自然歩道との共用ですが、今後は新ルートに統一の予定です。
space
space
mukaiyamaspacekamogawa
左=向山山頂  右=賀茂川に合流する鞍馬川(右)
space
 新コースは、夜泣峠から向山を経て山幸橋に出ます。標識「No.50」を少し戻って、標識「No.50-1」から南に向かう山道へ入ります。やがて快適な樹間のプロムナードとなります。標識「No.51-1」で、右に分岐するルートもありますが直進します。向山山頂(標識「No.51-3」)は、枯れた松葉の積もった気持ちのよいピークです。南の一角だけが開けて、京都の街並みが一望できます。空気が澄んでいたら、遠く鷲峰山や生駒山まで望むこともできます。
 ピークからの下りは急坂で、雨天時や積雪時は注意が必要です。緩い快適な尾根道となり、ベンチのある標識「No.52-1」から北部クリーンセンターの遊歩道になります。途中で左に分岐する道は、どれも北部クリーンセンターへ降りることができます。関西電力洛北発電所の水路橋を右下に見て、小さなコブを越えて下ると標識「No.54-1」があり、標識「No.54-2」で発電所の巡視路と合流します。標識「No.54-4」は発電所入口の橋の脇にあります。すぐ上部の雲ヶ畑街道(大岩街道)で旧コースと合流します。
space
space
sankoubashispacekotouge
左=山幸橋付近(洛北発電所の前を通って雲ヶ畑街道へ)  右=杉林の小峠
space
 標識「No.56」の階段を登り、民家の裏から標識「No.57」を左折すると畑が開けます。標識「No.58」の三叉路では右折します。この道は平安時代からの歴史ある古道で、現在の雲ヶ畑街道(大岩街道)が開削されるまでは、岩屋山志明院への参拝道でした。
 標識「No.59」とトレイルコースの案内板がある場所で谷を渡ります。盗人谷の二俣は左俣へ入ります。
 二つの丸木橋が架かっていますので、十分注意して渡ってください。氷室の入口にあたる小峠までは、急坂が続きますのでゆっくり登りましょう。小峠で右へ分岐する山道は、満樹峠を経て十三石山へのルートです(十三石山まで約40分)。
 植林の間を下るとT字路になり、左へ進むと集落へ出られます。
space
space
himuroatospacehimurojinjya
左=氷室跡  右=彫刻を施した蛙股(氷室神社拝殿)
space
 氷室は静かな集落です。地蔵尊が祀られた標識「No.65」から畦道を西に向かい、害獣進入防止フェンスの電線を外し、フェンスを潜り抜けた右側の高みに氷室跡があります。国指定史跡の標石が立っており、三ヶ所の窪地が残っています。通過したフェンスは元どおりに掛けておきましょう。民有地であり、住民の方に一声ことわるなどの心使いをお願いします。
 標識「No.65」まで戻り、舗装道路を南へ進むと左手が氷室神社です。古びた鳥居ごしの参道奥に見える拝殿は、東福門院の寄進によるもので、京都府登録文化財に指定されています。唐破風と千鳥破風をもつ珍しい様式です。
 上賀茂へ至る分岐の標識「No.66」を過ぎ、舗装道路を登ります。
 標識「No.67-1」の、自動車道との三叉路を「氷室分れ」といいます。ここで2コースに分かれます。左は京見峠で、かつて「洛中一望の中にあり」と称され、京都を望む絶景の地でした。
 峠を下り京都一周トレイルの案内板のある分岐、標識「No.68」から右へ急坂の山道を登ります。これから先は、秋の9月25日から11月10日までのマツタケシーズンは通行禁止で、その間はそのまま舗装道路を進み、茶店のある堂ノ庭から長坂越を千束まで下ります。そして、東海自然歩道と合流して紙屋川の源流を、上ノ水峠まで迂回する必要があります。
 大正時代に周山街道が開削されるまでは、この長坂越が丹波から都への入口でした。源平の昔から南北朝時代を経て応仁の乱でも、多くの戦場としての歴史を持っています。


《所要時間》
叡電「二ノ瀬」駅〈10分← →10分〉 富士神社No.49〈15分← →20分〉夜泣峠No.50〈10分← →15分〉向山頂上No.51-3〈20分← →15分〉クリーンセンター分岐No.52-2〈55分← →45分〉山幸橋No.56〈25分← →35分〉盗人谷小屋跡No.60 〈20分← →25分〉小峠No.62〈10分← →10分〉氷室No.65〈35分← →35分〉氷室分れNo.67-1〈15分← →15分〉京見峠分岐No.68

京見峠分岐No.68〈→30分〉千束

[叡電二ノ瀬駅〈3時間35分← →3時間45分〉京見峠分岐No.68]
space
space
→ 北山コース(標識24〜46)
→ 北山コース(標識68〜94)
space

→ 見どころ
→ Home

© Kyoto Alpine League 2011