ヘッダー2
eventcourseoutlinehomeenglishquestionsite_map
space
 
 ■東山コース(伏見稲荷駅〜ケーブル比叡駅=24.6km)
space
 稲荷から蹴上へ(標識1〜31)
senbontoriispacehizamatsu_2
左=千本鳥居  右=ひざ松さんの「根上がり松」
space
 「京都一周トレイル」東山コースのスタート地点は京阪「伏見稲荷」駅で、駅前に標識「東山No.1」があり、コースの案内板は東へ行った公園の脇に設置されています。JR奈良線の踏切を渡って伏見稲荷大社への参道に入れば、両側に神具や土産物を商う店が並んでいます。
 稲荷神社は、商売繁盛を願う神としていつも大勢の参拝者で賑わっていますが、本来は農業神です。
 本殿の横の広い石段を登り、右方面に行くと千本鳥居です。鳥居は二筋に分かれていますが、どちらも奥社(奥ノ院)に行けます。
 社殿の右奥に「重かる石」があります。持ち上げた時の重量感覚で、思ったより軽ければ願いが叶うとされています。
 北の鳥居の脇に標識「No.2」があり、トレイルコースは鳥居をくぐって稲荷山の巡拝道を登ります。すぐ左の一段高い社の脇に「根上がり松」があり、腰痛・膝痛に霊験あらたかと聞きます。
 緩い石段を上がると「こだまヶ池」(新池)に突き当たります。池に向かって拍手を打ち、こだまが返ってきた方向に探している人がいると言われます。さらに緩い石段を登ると「三つ辻」の三叉路です。ここから右へ「四つ辻」まで、「三徳さんの石段」と呼ばれる400段の石段が続きます。
space
space
yotsutsuji2spacesennyuji
左=四つ辻(見付の峰)  右=泉涌寺(仏殿)
space
 「四つ辻」は、「見付の峰」とも「石灯篭」ともいい、標識「No.3-1」があります。好展望台であり、絶好の休憩場所です。古くは大阪城天主と伏見城天主が見渡せたようです。
 標識「No.3-1」の左側、鳥居のある石段を登れば荒神ヶ峰です。登り口の分岐に標識「No.3-2」があり、トレイルコースはこの峰の左を巻くように「御幸辺の道」を行きます。
 舗装された細い道を下ると、住宅地に出て標識「No.4」があります。ここから地道の坂を右下に降り、標識「No.5-1」で三ノ橋川に架かる橋を渡ります。
 なお、標識「No.4」から左に閑静な住宅街を下れば東福寺です。臨済宗東福寺派の大本山。山号は慧日山で、本尊は釈迦如来。開基(創立者)は九条道家です。
 住宅街を標識に注意して通り抜け、標識「No.6-2」からフェンスの間の坂を登ると御陵が続きます。住宅街ですので、住民の方の迷惑にならないよう十分注意しましょう。
space
space
toribenospacetsurugijinjya
左=一ノ橋川の橋と枝垂桜  右=トビウオ(太刀魚)の絵馬(剣神社)
space
 東山三十六峰の一つである月輪山の麓に泉涌寺があります。天長年間に弘法大師がこの地に庵を結んだことに始まるとされ、天台・真言・禅・浄土の四宗兼学の寺です。仁治3年に四条天皇が当寺に葬られてから歴代天皇の御陵が造営され、皇室の御香華院(菩提所)として「御寺」と言われています。
 広い参道を下ると、道の左側グランドの角に悲田院の標石を見ます。泉涌寺の塔頭のひとつですが、境内からは市内が一望できます。
 悲田院参道入口の向かい側、今熊野観音への分岐が標識「No.7」です。コースは標識「No.8」から廻り込むように橋の下を潜ります(右の道)。
 今熊野観音の北方向に対面する峰を阿弥陀ヶ峰といい、峰の南西一帯は鳥戸野、北西の一帯が鳥辺野です。どちらも「とりべの」と読みます。
 今熊野観音寺は西国三十三所観音霊場の第十五番札所で、「頭の観音さん」として広く人々の信仰を集めています。
 一ノ橋川を渡り、標識「No.9-1」で剣神社の鳥居を正面に見て鋭角に右折します。この神社は子供のための神様で、疳の虫を封じる三疳封じで有名です。
 再び住宅街になって、補助標識を頼りに標識「No.10」で滑石街道を横断します。標識「No.11」で六条山への山道に戻ります。ここは、「京女鳥部の森」の道にもなっています。緩い山道をたどって標識「No.12」を右へ下ると、京都市斎場への道路に出ます。また、標識「No.12」を直進すれば、阿弥陀ヶ峰へ行くことができます。山頂には豊国廟があります。
 標識「No.14」で国道1号線に沿い、標識「No.15-1」で渋谷街道を横断します。現在は横断歩道がなく、国道から左折してくる車に注意が必要です。国道1号線を歩道トンネルで潜り抜け、標識「No.16-1」から急な階段を登ると、正面に高倉天皇陵が望めます。右上の高みは「歌の中山清閑寺」です。ここは延暦21年(802年)の創建で、古くから桜や紅葉の美しさで知られ、寺にちなんだ歌が数多く詠まれています。また、「要石」も有名です。
space
space
seikanjispacekoudaijiyama
左=清閑寺から清水山への坂道  右=清水寺への分岐(標識「No.19」)
space
 標識「No.16-2」に導かれ、清水寺南門への道を北へ向かいます。トレイル案内看板の横に地蔵石仏があり、標識「No.17」で清水山への登りが始まります。途中の右手には大きな古い石造三重の塔があって、登りはもう少し続きます。傾斜が緩くなれば標識「No.18-1」で、清水山(242.5m)の三角点がすぐ東側にあります。
 山頂から下ると、標識「No.18-2」で新しくつくられた森林管理事務所の作業道と交差します。やがて、標識「No.19」で樹陰の広場に着きます。コースはここで右折し、東屋のある広場に下り、標識「No.20」から用水池の横を登ります。踏跡が縦横についており、滑りやすい道なので注意しましょう。やがて、東山山頂公園の広場に着きます。展望台は、いつも観光客で賑っています。
space
space
seikanjispacegansandaishi
左=将軍塚(トレイルコースの比叡山と大文字山を望む)  右=尊勝院
space
 青蓮院門跡大日堂の中に将軍塚があります。紅葉の頃も青葉の頃も、いつ来ても美しい境内です。
 大日堂手前の標識「No.22」から山道に入ります。標識「No.23」で右の山道に導かれ、大日堂の展望台を回り込むように北へ向かいます。標識「No.23」を直進すると円山公園に下り、次の「No.24」の分岐を左に下れば知恩院へ行くこともできます。トレイルコースは、いずれも右折します。
 ウエスティン都ホテルの庭園を右に見て樹林へ入り、標識に導かれて尊勝院へ。おみくじの元祖ともいわれる元三大師(慈慧大師良源)が本尊です。「見ざる、聞かざる、言わざる」の像があって、京都三庚申のひとつに数えられています。
 境内を通り抜けて粟田山荘の前へ下り、白川小学校の塀沿いに東へ。この道が往古の「旧東海道」です。標識「No.28」を右折すると粟田神社の社前に出ます。粟田口は京の七口(京都にある七つの出入口)のひとつで、街道を往来する旅人が旅の安全を祈ってこの神社に参拝したといわれています。
 粟田神社社前の小道を東に少し進むと、秀吉の愛用した「茄子形の手取り釜」にちなむ良恩寺があります。境内の「導引地蔵」は、むかし粟田口の刑場へ向かう罪人に、この地で末期の水を飲ませ引導を渡したことに由来します。
 粟田神社社前の石畳の参道を抜けたら三条通です。歩道を東へたどると、途中にある右手の山門が仏光寺本廟。親鸞聖人の御廟で、境内には「三条小鍛冶宗近之古跡」碑があります。
space
space
keagespacemanpo
左=インクライン  右=ねじりマンポ(赤レンガ積みのトンネル )
space
 ウエスティン都ホテルの前が標識「No.30-1」です。三条通の向かい側、インクラインの石垣を目標に横断歩道の信号を二回渡ります。一回目の信号を渡った所から、下部に見えるレンガ造りの建物が蹴上水力発電所跡。ここで発電された電気でインクラインを動かし、明治28年(1895)には日本最初の市内電車が営業を始めました。
 仁王門通の信号を渡り、左に行くと南禅寺・岡崎方面ですが、インクラインの石垣に沿って右折すると「ねじりマンポ」(標識「No.30-2」)に着きます。地下鉄の蹴上駅はそのすぐ先に出入口があります。


《所要時間》
京阪「伏見稲荷」駅No.1〈15分← →15分〉奥社No.2 〈20分← →25分〉四つ辻No.3-1〈30分← →25分〉泉涌寺No.7〈25分← →25分〉滑石街道横断部No.10〈35分← →35分〉渋谷街道横断部No.15-1〈30分← →35分〉清水山No.18-1〈25分←→25分〉東山山頂公園No.21〈60分← →40分〉蹴上ねじりマンポNo.30-2 〈1分← →1分〉地下鉄「蹴上」駅

[京阪「伏見稲荷駅」No.1 〈4時間← →3時間45分〉地下鉄「蹴上」駅
space
space
→ 東山コース 伏見・深草ルート(標識F21〜F35)
→ 東山コース(標識32〜52-1)
space

→ 見どころ
→ Home

© Kyoto Alpine League 2011