ヘッダー2
eventcourseoutlinehomeenglishquestionsite_map
space
 
 ■東山コース(伏見稲荷駅〜ケーブル比叡駅=24.6km)
space
 日向大神宮から銀閣寺道へ(標識32〜52-1)
himukaispaceshiandokoro
左=日向大神宮(外宮)  右=六方向に道が分かれる思案処(思案ヶ辻)
space
 蹴上の「ねじりマンポ」を通り抜けると、標識「東山No.31」から右へインクラインの石垣に沿った坂道です。発電所の導水管もあります。琵琶湖疏水の設計者である田辺朔朗博士の銅像を左に見て、インクラインのレールを渡ると立派な石灯籠があります。この脇の標識「No.32」を左に折れ、日向大神宮の参道を登ります。
 やがて、青龍山安養寺。そして、舗装された急坂を登りきると日向大神宮です。朝日宮・日岡神明宮とも呼ばれ、元伊勢とも言います。この先、銀閣寺までトイレがありませんので、社前石段左の観光トイレで用を済ましておきましょう。
 これまでのトレイルコースは、神社の前を直進し竹薮を左に見て苔むした石段を登りましたが、新しく日向大神宮境内を通るコースができました。内宮本殿の左手から、標識「No.33-2」を折り返すように登ると「天の岩戸」の前に出ます。延長10mほどの岩穴ですが、通り抜けて山道を登ると三叉路になります(標識「No.33-3)。左方向に下る道は、南禅寺の水路閣の上に出ます。ここを右に向かい、標識「No.38」「No.39」のある思案処(思案ヶ辻)で従来のコースと合流します。
 従来のトレイルコースは、石段から山道を登りきると標識「No.34」がある小さな峠に着きます。そのまま直進する古い踏跡は、蹴上の東海道が開かれるまで山科へ抜ける唯一の道であったといわれています。コースは標識「No.34」から左の急坂を登ります。アルペン的なコースで、滑りやすい岩稜なので、とくに下りは注意が必要です。標識「No.35」「No.36」の直進する踏跡は、いずれも山科へ抜けられます。
 標識「No.37」を右に急坂を下ると、思案処(思案ヶ辻)です。見晴らしはないものの、絶好の休憩場所です。
space
space
dainichiyamaspaceroumonnotaki
左=山科盆地(大文字山への尾根から)  右=楼門の滝
space
 よく踏まれたコースを、標識「No.39」に向かうと、やがて山科方面の眺望が開けます。「No.40」を右折し、「No.41」は直進します。右へ入る道は林道に続き、後山階陵から毘沙門堂門跡を経てJR「山科」駅へ出ることができます。平坦な道に変わり、途中にある防火線の切り開きからは、平安神宮の鳥居を正面に京都市内を望むこともできます。
 標識「No.42」から左に入れば、新島襄や徳富蘇峰などが眠る若王子墓地や若王子神社に下ることもできます。
 標識「No.43-2」では尾根道を右折して下り、標識「No.44-2」の分岐では左折します。ここを右折すると、後山階陵から毘沙門堂門跡を通ってJR「山科」駅へ行けます。
 標識「No.45-1」が大文字山の「四つ辻」です。直進の急坂を登り西へ向かうと、大文字山(465.46m)の三角点。南に山科盆地、西には京都盆地が眺められる絶好の展望台です。
 コースは、標識「No.45」を左に談合谷の沢筋を「楼門の滝」へ向かいます。
 800mほど下れば「俊寛僧都忠誠之碑」が立つ標識「No.46」で、その下に滝があります。別名を「如意滝」といい、平安時代末期には「如意寺」(三井寺の別院)が隆盛を誇っていました。
 碑から苔むした急な石段を下れば、七曲りを経てトレイルコースに合流します。石段が湿っているときは滑りやすく、とくに注意が必要です。林道との合流地点に標識「No.47-2」があります。
 急な舗装道路を下れば霊鑑寺で、角に標識「No.48」が立っています。この寺は臨済宗南禅寺派の門跡尼寺で、1654年に後水尾天皇の皇女を開基として創建されました。代々皇女が住職を務め、谷御所や鹿ヶ谷比丘尼御所とも呼ばれています。
 コースはここで北に右折し、鈴虫・松虫の供養塔で知られる安楽寺を過ぎると、深い樹木に覆われた法然院が静寂なたたずまいを見せています。  標識「No.49」で左折し、疏水を渡って「哲学の道」を北へたどれば、標識「No.51」で銀閣寺門前の道になります。あとは、疏水に沿って白川通まで、観光客が多く行き交う賑やかな道です。桜の季節がお勧め。


《所要時間》
地下鉄「蹴上」駅〈1分← →1分〉ねじりマンポNo.30-2 〈15分← →20分〉日向大神宮No.33-1〈20分← →20分〉思案処(思案ヶ辻)No.39〈30分← →30分〉若王子墓地分岐No.42〈30分← →35分〉 大文字山分岐(四つ辻)No.45〈60分← →35分〉浪切不動No.47-2〈45分← →25分〉銀閣寺道No.51

[地下鉄「蹴上」駅 〈3時間25分← →2時間50分〉銀閣寺道No.51]
space
space
→ 東山コース(標識1〜31)
→ 東山コース(標識52-2〜74)
space

→ 見どころ
→ Home

© Kyoto Alpine League 2011